書類の記入

小児矯正

PEDIATRIC CORRECTION

​小児矯正とは

お子様の将来のために今はじめましょう

お子様の歯並びが気になっているけれど、「ほんの少しだから歯医者さんに診てもらうのも大げさかな?」と尻込みしてしまう方もいらっしゃるかも知れません。ですが、少しでも歯並びが気になりだしたら、些細な気がかりでも、是非すぐに相談にいらしてください。
咬合誘導等の比較的簡易な治療で、将来矯正治療が必要なくなる場合もございます。また、たとえ咬合誘導だけでは治せないような歯並びの場合でも、早い時期にしっかりと検査することによって、お子様に最適な治療の時期や方法を予測することも可能です。

小児歯科医

こんな症状がある方は要注意!

☑指をしゃぶる

口呼吸している

前歯を舌で押している

☑頬杖をつく

爪や服などを嚙んでいる

唇を噛んでいる

小児矯正治療

保険適用のもの、材料や作り方の違いにより、保険適用外の物などその種類は様々です。保険適用でも十分に患者様が満足できる症例もありますし、また保険適用外でも色々な理由により患者様に満足していただく義歯を作るのが難しい場合もありますのでご相談ください。

子供の矯正治療には「I期」と「ll期」があります

子供の矯正には「I期」と「ll期」があります。Ⅱ期は大人と同じような矯正治療を始める期間です。一方Ⅰ期は、乳歯のみ~乳歯と永久歯が混在している期間の治療で、顎が柔らかく、永久歯が生えてくる途中の時期だからこそできる方法で、歯が綺麗に生えてくるように誘導する治療(咬合誘導)を行います。

child_img_02.jpg

咬合誘導治療とは?

咬合誘導とは、歯が奇麗に生えてくるように観察・誘導することです。矯正治療と言って一般的にイメージされる、歯の表面にブラケットを付けてワイヤーを通して…というような治療とは異なります。矯正よりも簡易な治療で、主に「永久歯の生えてくる隙間が無くて、このままでは歯並びが乱れそう」という場合に「拡大床装置」を使って顎を拡げることによって正常に歯が生えてくるように誘導します。

「歯並びを悪くする癖」の改善も大切です。

口呼吸や頬杖、ゆびしゃぶりなど、お子様が普段何気なくしていることが、歯並びを悪くする原因になることがあります。
大人と比べて、お子様は顎の骨などが柔らかく、歯も簡単に動いてしまいます。いちやま歯科では、ただお子様のお口の中を診るだけではなく、そういった生活習慣や癖のことなどについてもしっかりお話をうかがって、歯並びに悪影響な癖があれば、それも治せるように一緒に考えていきます。当院では歯並びに影響する癖の改善指導もしております。

矯正が必要な色々な歯並び

FireShot Capture 015 - 小児矯正 - いちやま歯科 - ichiyama-dent.com.png

叢生

歯並びがでこぼこになったり重なっている状態。あごの大きさに比べ、歯が大きいことが主な原因です。

FireShot Capture 018 - 小児矯正 - いちやま歯科 - ichiyama-dent.com.png

開咬

奥歯は咬み合っても、前歯の上下が開いて咬み合わない状態。前歯で物を噛み切るのが難しくなります。

FireShot Capture 016 - 小児矯正 - いちやま歯科 - ichiyama-dent.com.png

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に大きく傾いていたり、上顎全体が前に出てる状態。前歯の角度異常などが主な原因です。

FireShot Capture 019 - 小児矯正 - いちやま歯科 - ichiyama-dent.com.png

かがい咬合

下の前歯がほぼ見えなくなるほど前歯がかぶさる状態。下の前歯で上の歯茎が傷つくなどの問題が起こります。

FireShot Capture 017 - 小児矯正 - いちやま歯科 - ichiyama-dent.com.png

下顎前突(受け口)

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態。奥歯にむし歯ができやすい・発音がしにくいなどの問題がおこります。

FireShot Capture 020 - 小児矯正 - いちやま歯科 - ichiyama-dent.com.png

正中離開(すきっ歯)

歯の間に隙間がある、すきっ歯の状態。前歯の間に舌を押し付ける癖が原因となって起こる場合もあります。