書類の記入

白い歯

AESTHETIC

当院の歯を白くする治療

白い歯を手に入れて、輝く笑顔で毎日を過ごしませんか

いちやま歯科の審美歯科治療

女性ならではの細やかな診療

当院の審美歯科治療は、女性歯科医師が中心となって、女性ならではの繊細な視点で、患者様それぞれのご希望などをお伺いしながら、治療を進めております。「ばれないように歯を白くしたい」「金属の詰め物を目立たない詰め物にしたい」など、様々なご要望におこたえしますので、お気軽にご相談ください。

当院ではメタルフリー治療をおこなっています

当院の審美歯科治療では、メタルフリー素材を多数取り揃えています。歯の治療に使う金属(歯科用金属)は、長い時間をかけてお口の中で金属成分が溶け出し、金属アレルギーの原因となる事もあります。また、金属成分が溶け出すと、アレルギー発症の可能性があるだけでなく、歯茎が黒くなってしまう(ブラックマージン)事もあります。そういった事態を防ぐため、当院では、詰め物や被せ物に、セラミック(陶器)やハイブリッド(セラミックとプラスチックを混ぜたもの)を使用する、審美性も、安全性も高い「メタルフリー治療」をおこなっています。

審美歯科治療の種類

一般的な審美歯科治療の素材や、方法についてご紹介します。治療の種類は主に「詰め物(インレー)」や「被せ物(クラウン)」などがあり、その他にも歯の表面にセラミックの「板状のものを貼付ける(ラミネートベニア)」治療など、様々な種類があります。

ハイブリッドセラミックについて

「セラミック」と「プラスチック」を混ぜ合わせた素材が「ハイブリッドセラミック」と呼ばれます。セラミックよりも柔らかいため、噛み合う歯を傷つけたりする心配がありません。プラスチックが混ざっているため、セラミックに比べると変色しやすい素材です。

haiburiddoinnre.jpg

ハイブリッドインレー

ハイブリッド素材の詰め物

haiburiddokuraun.jpg

ハイブリッドクラウン

ハイブリッド素材の被せ物

ジルコニアセラミックについて

ジルコニアはセラミックの一種で、とても強度の高い素材です。透明感は従来のセラミックと比べるとやや劣りますが、白く美しい素材です。とても丈夫な点が長所ですが、天然の歯よりも硬いため、噛み合う歯が摩耗しやすいという欠点でもあります。

zirukoniaseramikkuinnre.jpg

ジルコニアセラミックインレー

ジルコニアの詰め物

zirukoniaseramikku.jpg

ジルコニアセラミッククラウン

内側に金属を使わないジルコニアの被せもの

その他のセラミックについて

「ジルコニア」の他にも、セラミックには様々な種類があります。例えば代表的なものには「e-MAX」などがあり、これはジルコニアより透明度が高く、硬度が歯の硬さに近い歯に優しい素材です。当院で取扱っているセラミック素材について、詳しくはお気軽にお尋ね下さい。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、付け爪のようなイメージで、歯の表面にセラミックを貼付ける治療方法で、主に前歯におこないます。歯の表面をすこしだけ削り、特殊な技術で製作した薄いセラミックのチップを貼り付けます。接着剤も特殊なものなので、剥がれる心配もほとんどありません。ホワイトニングでは白くできなかった歯を白くしたい時などに活用できる方法です。

メタルボンド

金属を内側に使い、外側にジルコニアなどのセラミックを焼き付けたものです。内側までジルコニアでつくられた「ジルコニアボンド」よりも強度があり安価ですが、金属アレルギーの心配もでてきます。当院では生体親和性が高く、金属アレルギーになりにくい金属を使用しています。

white_img_08.jpg
white_img_09.jpg